Googleストリートビュー(インドアビュー)を撮影しよう!

 


Googleストリートビュー(インドアビュー)を撮影しよう


株式会社ミクシィストリートビュー

ブリッヂには、Googleでストリートビュー(インドアビュー)立ち上げに携わった 経験豊かなカメラマンが在籍し、その総撮影件数は10,000 件以上になります。

日本で最も多くのストリートビュー撮影経験を持つフォトグラファーチームが、お客様の想い、イメージを丁寧にうかがい、末長くお使い頂ける高品質なストリートビューをGoogleマップに公開します。


目次


 


1. ストリートビュー(屋内版) とは


ストリートビュー(屋内版)は、道路だけでなく、施設内、店内も360°パノラマ画像で見る事ができるサービスです。 WEB 上で、まるでその場にいるかのように施設内を見渡す事が出来るため、雰囲気や広さなど、写真では表現しきれなかった施設の様子や魅力を発信する事が可能です。

<撮影施設>

ホテル・旅館、結婚式場、学校、病院、貸し会議室、レンタルスペース、飲食店、小売店、美容室、エステ、 ショールーム、オフィス、ライブハウス、スポーツジム、ゴルフ場、キャンプ場、スタジアム、遊園地、寺院、 観光施設、文化施設、介護施設、老人ホームなど

ストリートビューは「Googleマイビジネス」に紐づけられ、様々なGoogleサービスでユーザーに閲覧されます。

ストリートビューの変遷

室内版ストリートビューの撮影が始まった2010 年当時は「おみせフォト」という名称でした。

その後2014 年に「Googleインドアビュー」という名称に変更となり、2015 年にはインドアビューは道路を撮影したストリートビューと統合され、「Googleストリートビュー」に名称が統一されました。

 


2. ストリートビュー(屋内版)を撮影する5つのメリット


ストリートビュー5つのメリット

・Web 上で、店舗や施設に実際にいるような臨場感を発信できます。

ストリートビューのようにweb 上で店内や施設内を360°のパノラマで見渡すことのできるサービスです。 スマートフォンやタブレットにも対応し、その場にいるような臨場感が得られます。

・Googleマイビジネスとの連動による情報発信。

ストリートビューはGoogleマイビジネスに紐づけられる為、GoogleマップやGoogle 検索、Google+の各種サービスと連動する事になります。情報発信の方法が増える事でユーザーの利便性も向上し、集客力UP も期待できます。

・自社ホームページに自由に埋め込む事ができます。

ご自身のHP やブログにも簡単に埋め込むことが可能です。貴社HP で施設内の様子を見る事が出来るようになるので、初めてのお客様も安心して来店する事ができます。

・撮影料金のみで導入できる為、ずっとお使い頂ける資産になります。

ストリートビューには維持費、管理費が掛からず、最初の撮影費用のみでずっとお使い頂く事が出来ます。 だからこそ、お客様に満足頂けるクオリティの写真をお届けする事にこだわっています。

・世界中のユーザーが閲覧できる為、インバウンド対策に繋がります。

施設内部の様子を世界中に発信する事ができる為、旅行の下調べでGoogle 検索する外国人観光客の方に、より魅力的に情報を伝える事が出来ます。

 


3. ブリッヂの強み


ブリッヂの強み

ブリッヂでは、2010年からGoogle社で撮影をしていたフォトグラファーが中心となり、ストリートビューの撮影と制作を行なっています。

Google社で、過去のおみせフォト、インドアビュー撮影をしていたスタッフ、Google+のマーケティングなどを行なってきたスタッフが、Googleサービスの活用方法を丁寧にご案内します。

ストリートビューの撮影を行う企業の中でも、一人で2,000 件以上の撮影経験があるフォトグラファーが複数名在籍しているチームは他にありません。

ブリッヂのフォトグラファーは、その日を逃すと撮影を行う事ができなくなるような大事な場面でのストリートビュー撮影を何度も経験しています。

また、Google 社より唯一、最高品質賞「Google Japan Business View Award Excellence in Quality Award」を受賞しています。

多数の撮影から蓄積したノウハウと技術力で、「 お客様の資産となるストリートビュー 」をご提供いたします。

 


4. ストリートビューの閲覧方法


1.Google検索から

Google 検索から行きたいお目当てのお店をキーワード検索すると候補のお店が検索結果に出てきます。

Google検索

キーワードに関連したお店の地図やGoogle ストリートビューが検索結果ページに表示されます。

※検索結果は必ずしもお約束できるものではありません。

検索結果

2.Googleマップから

Google マップから検索をかけてもストリートビューをご覧いただけます。

施設の場所と店舗情報、ストリートビューがある場合はストリートビューのサムネイルも表示されます。

Googleマップ

3.Google マイビジネスから

Google マイビジネスページからもストリートビューに入れます。

内容を充実させることにより店舗の様々な情報と共にストリートビューを表示できます。

Googleマイビジネス

 


5. 業種別のストリートビュー活用方法


業種別

<<ホテル、旅館など>>

訪日外国人旅行者の 2 人に 1 人が出発前にインターネットで情報収集し、 滞在中はスマートフォンを情報源として使用している為、 宿泊施設の内部がストリートビューで見える事は泊まる場所を決める上で重要な要素となります。360 度見えるのでイメージのギャップ生まれず、ユーザーに安心感を与える事ができます。

<<オフィス、会議室など>>

オフィスでは、クライアントや入社希望者へ社内の雰囲気を伝える事ができ、会社案内としてご利用頂けます。貸会議室では、スチール写真では伝わりにくい全体のスケール感や受付からの導線などをわかりやすく伝えることができます。

<<介護施設、病院、クリニックなど>>

介護施設では入居者様の施設の下見にお使い頂けます。病院やクリニックでは院内の設備を伝える事ができます。はじめてのお客さまに、事前にweb 上で施設の魅力や清潔感を伝える事で、訪問の機会を生み出していきます。

※入居者様、患者様へのプライバシー保護の観点から、通常の撮影規定とは一部異なる部分があります。詳細につきましてはお問い合わせ下さい。

<<学校、教育施設など>>

学校やスクールでは、直接出向かなくても web 上でわかりやすく内覧でき、教室の広さや設備なども事前に把握してもらう事ができるので、入学希望者やその親族の方がしっかりと施設をイメージでき、ミスマッチのない問い合わせに繋がります。

<<その他の施設>>

この他にも、結婚式場、ショールーム、物販店、飲食店、寺社、博物館、遊園地、図書館、ビル一棟全てを含む商業施設など、様々な業態での撮影が可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

 


6. お問い合わせから納品までの流れ


お問い合わせ > お見積り > お申し込み、ご契約 >撮影>コンテンツ作成、公開

<お問い合わせ>

お問い合わせを頂きましたお客様に、直接訪問、もしくはお電話にてお打ち合わせをさせて頂きます。 お打ち合わせは撮影を経験している営業スタッフが担当する為、担当するフォトグラファーへの引き継ぎをスムーズに行う事ができます。

下矢印

<お見積り>

撮影を行なうパノラマ写真の数(ポイント数)によってお見積りをさせて頂いております。 訪問させて頂く場合は、撮影希望箇所をお伺いしながら、希望するイメージを元に最適な撮影箇所をその場でご提案します。撮影施設の図面がある場合は、その図面に想定撮影ポイントを明記して、お見積もりを行います。

お打ち合わせにお伺いする事ができない遠方のお客様でも、施設図面をご提供頂ければ、 お電話にてご要望をお伺いしながらお見積もりを作成いたします。

下矢印

<お申し込み、ご契約>

書面にて導入条件をご確認頂き、お申込書をご提出頂く事で、ご契約とさせて頂いております。 撮影を行なう施設の業態に合わせて、想定される様々なケースを事前にお客様にお伝えし、ご準備をお願いしております。万全の状態で撮影日を迎えられるようサポートいたします。

下矢印

<撮影>

カメラマンが撮影施設に到着しましたら、最初に撮影するスペース全体を確認させて頂きます。その後、ご担当社様に撮影方法をご説明いたします。撮影中はフォトグラファーの後ろに立って見学して頂く事が可能です。お任せ頂く場合も、想定撮影ポイントに沿って最適な撮影を行います。

下矢印

<コンテンツ作成、公開>

撮影日からGoogle マップへの公開まで、2 週間程お時間を頂きます。 お急ぎの場合は、できる限りご希望に沿うよう対応いたしますのでご相談下さい。

矢印の方向、見やすい動き方に注意して正確に編集を行なっていきます。不要物の除去や窓枠に対してのはめ込みなど、特別な画像修正を有料にて行うことも可能ですのでご相談下さい。

ストリートビューをGoogle マップに公開し、お客様にご確認頂きます。公開後には、活用方法、ホームページの埋め込みなどをサポートさせて頂きます。

 


7. サポート、アフターフォロー


サポート、アフターフォロー

ストリートビューをGoogleマップに公開するだけでなく、ホームページに掲載したり、Googleマイビジネスを活用していく事で、公開されたストリートビューがユーザーの目に触れる機会が増え、集客やブランディングの効果を発揮します。

サービスの詳細、活用方法、Google マップについての疑問等に丁寧にお答えし、マイビジネスについても作成、運用のサポートをさせて頂きます。

納品完了後も、お客様からのお問い合わせはいつでも受け付けておりますので、GoogleサービスやVRコンテンツに関するご質問がございましたら、お気軽にご連絡下さい。

 


8. 撮影方法と規定


ストリートビューの撮影にはGoogle推奨の規定があり、規定に沿って撮影を行わせて頂きます。

撮影方法と規定

・1 箇所につき、90°ごとに 4 方向を撮影します(90°× 4=360°のパノラマ写真になります)。 その際、 1 方向につき、 明るさを変えて 3 枚撮影し、これを 4 方向で計 12 枚写真を撮り合成します。 この事を『 1撮影ポイント 』 とします。

・特にお客様からご要望がない場合、エリア内にカメラマン 1 名のみが居る形(無人の状態)で撮影します。

・撮影ポイントから次のポイントへ矢印移動できるようにする場合は、ポイント間を約 10m 程の間隔で撮影します。その際、経路上にある物や壁などの障害物を飛び越えるような撮影は行えません。迂回するように撮影します。

・Googleのプライバシーポリシーにより、人の顔と車のナンバープレートにはぼかし処理を施しますが、被写体となる人物の同意が得られればぼかしを掛けずに公開する事が出来ます。

 


9. 撮影料金


撮影料金

撮影料金は6 万円からとなります。小さな店舗から大規模な施設まで、最適なご料金でお見積もりをさせて頂きます。契約料や編集費といった項目は無く、撮影料金に含まれます。

ブリッヂではお客様との対話を大切にしており、お客様の施設に対する想いやご要望をお伺いした上で、お見積もりをさせて頂いております。 お客様にとって本当に良いストリートビューを制作し、末長くお使い頂く為には、私達自身も撮影場所の事を理解し、想いを持って取り組まなければならないからです。 お手数をお掛けしてしまう部分もあるかと思いますが、ご協力を頂けましたら幸いです

 


10. Google ストリートビューへの想い


ブリッヂの創業メンバーは Googleマップ インドアビュー(Googleおみせフォト) プロジェクトに創成期から参加しています。

私達はメンバーを引き合わせてくれたこのストリートビューというサービスに本当に感謝しており、恩返しをしたいと思っています。その為には、ただ目新しさを売りにして販売するのではなく、このサービスを お客様にしっかりと説明し、価値を感じて貰った上で、使って頂く事が重要だと考えています。

では、ストリートビューの価値とは何でしょうか。 私達は下記の三つがストリートビューの本質的な価値であると考えます。

・まだ見た事の無い場所に行ってみる事が出来る

・景色と共に人の記憶や想いを残す事が出来る

・誰でも自由に活用する事が出来る

私達が提供できる価値がお客様の目的にそぐわない場合は、導入を見送るご提案もします。 そうする事で、お客様にとって本当に意味のあるコンテンツを作る事ができるからです。 こうやってストリートビューの活用方法が認知され、ストリートビューが発展すれば、それが恩返しになる。 そう考えて活動をしています。

ストリートビューを通じて、みなさまのビジネスへの想いを表現するお手伝いをさせて頂けたら嬉しいです。

 

ブリッヂのストリートビュー

オーダーメイドVR

地方創生

ホテル旅館撮影プラン

病院・クリニックを360°VRで紹介

360°のバーチャルショップを作ろう

結婚式の記念写真を360度のパノラマで

 

 

045-228-7150
info(at)briddi.jp

Top